にこにこくんの、のんびり日記

おもに演劇や映画の観劇レポや、作った料理などを掲載します。

俳優水野哲さんが率いるウォーラス一座の第10回記念本公演「新宿銀次─仇桜─」を観ました。

 

舞台は好景気に湧く昭和40年代末の新宿。

古いものは新しいものにとって変わられようとしていた。

古い街は再開発、義理人情は合理主義。

そんな時代の激動の間、10年の服役で知らぬままにいた男。

黒須銀次。人呼んで新宿銀次。

義理人情に厚い任侠の道を信じてきた銀次だったが、

出所後の新宿の街は、あまりにも様変わりしていた。

果たして銀次は、新しい時代のなかで、

生きていくことができるのか。

それとも──。

 

https://www.quartet-online.net/ticket/walrus-itiza

 

水野さんは1970年代に大活躍していた名子役です。

日本民放ドラマで今も最高視聴率の大ヒットホームドラマ「ありがとう」や

伝説の名作大河ドラマ「風と雲と虹と」では、加藤剛演じる主人公の子供時代など、

数々の人気作品に出演していました。

その後、ロックミュージシャンに転向し、

40代になってから再び演劇の世界に戻ってきました。

彼が率いるウォーラス一座は、社会派からメルヘン、時代劇など、

毎回ジャンルの異なる演目に挑戦し続ける異色の劇団で、

今回も初挑戦の任侠ものです。

しかし、任侠ものといっても、暴力ものというより、

愛、恋愛、貫き通す純愛などが描かれ、

また、理想と現実のせめぎ合いが描かれる、

ピュアな作品といってもいいでしょう。

 

私が手がけている演劇誌「小劇場」の3号は、

水野さんとウォーラス一座を特集しています。

 

https://shougekijou.thebase.in

 

そのため、稽古場にも何度も足を運びましたが、

拝見するたびに演者たちの演技に磨きがかかっていました。

本番では、実に完成度が高い舞台を魅せてくれました。

演技だけでなく、切り絵や写真を用いた舞台美術、

ウッドベースとスライドギターによる生演奏など、

見応えのある演出が効果を発揮しています。

 

残念ながら、このたびの台風19号の影響で、

土曜日の昼夜公演、日曜日の昼公演がなくなってしまいました。

公演は月曜日まで行なわれます。

見応えのある舞台です。

お時間がある方は、ぜひご覧ください。

 埼玉県志木市のコミュニティFM&ネットTV放送局「クローバーメディア」のラジオ番組「大空なんだの四方山話」で、私の投稿した詩が読まれました。投稿を始めてから64回目の採用です。月末の日曜日の放送はリスナーの「文芸投稿」を紹介する回になっています。今回の9月29日(日)の四方山話のテーマは「アルバイト」でした。


タイトル「小さな助走」

学生時代の夏休みに働いた
商業演劇の舞台
裏方のアルバイト
初めてのアルバイト
東急ハンズで買ったガチ袋となぐり
神楽坂で買った足袋(たび)
やっと本格的に使うときが来た
劇場の裏口から入ると
先輩が後からやって来た
大道具を製作する先輩は安全靴着用
「このバイトを続けるなら、
安全靴はマストだな」
うらやましげに靴を見つめる私に
先輩はこう告げた
万が一釘を踏んでも
足の上にしずが落ちても
ビクともしない安全靴
足裏と足の甲に
スチールが仕込んであるのだ
「欲しい」
私の物欲がむくむくと湧き上がった

裏方には弁当が配られる
これがバイトの楽しみの一つ
みんなが同じ弁当を食べて
団結力を高めるのだ
今日の弁当はまい泉のヒレかつサンド
一口サイズに切ってあり
片手で食べられるのが便利だし
何よりカツが柔らかくて美味い
新米の私は照明さんや大道具さんなど
各部門を回って弁当を配る係も担当
皆が気分良くなるように
大声で挨拶をして配る
いろんな人と顔合わせできるのも
それなりにうれしい

あちこちに呼ばれて
いろんな仕事をこなした
「わらう」や「上手(かみて)」など
覚えたての舞台用語を使えるのがうれしい
仕込みとゲネプロが終わり
本番が始まった
場面ごとに舞台装置を仕込んだりかたしたりする
幕を引く役も任された
リハではうまくいったのに
本番ではなぜかわずかに力が入り
袖で出番を待つ役者が見切れてしまった
平謝りに謝ったが
あの時の役者は落ち着いていた
慌てず騒がずとはまさにこのこと
人生勉強をさせてもらった

初めてのアルバイト
これは私にとっての
小さな助走
ここから始まる「働く」という経験
「学ぶ」から「働く」へ
「働く」は、稼ぐことでもあり、学ぶことでもある
稼ぐために学ぶ、学んで人のために活かす
それが自分の財産になる
そんなことが学べた初バイト

バイト代は
酒代に消えた


740文字です。
専門用語等がわからない方もいらっしゃると思ったので、解説をつけました。
東急ハンズ:都市型ホームセンター
ガチ袋:金槌や釘などの道具を入れられるようになっている、袋付きベルト
なぐり:金槌
しず:パネルや幕を固定するための重り。大きな文鎮状のものが足の甲の上に落ちたら痛い。
わらう:ものをどけること
上手(かみて):舞台を客席から見たときの右側の方向。左側は下手(しもて)
ゲネプロ:ほぼ本番同様に行なう最終リハーサル

以上です。36分ごろから読まれます。
こちらのURLからファイルをダウンロードしてお聴きください。


MCのなんださん、ちゃいさん、ありがとうございます♪

演劇企画「Rising Tiptoe」。27回公演は「咲く」(作・演出・デザイン:宇吹萌、音楽:竹内一樹。2019/9/3〜9/8、於:下北沢ザ・スズナリ)でした。

EBLPxBZU4AAa59H


男女二人が暮らしている家。その庭には藤や薔薇、百合などの花々や、今は芽も生えず土の中にいる球根、 奇妙な置物やプラスチックのアヒルなどがいて、アゲハ蝶や蜂、インコやスズメなども集う、賑やかな庭です。しかし、その家と庭は独身寮に建て替えるために男女は立ち退かなければならなくなりました。庭の住人たちを愛し、彼らの行く先を探そうと必死になる女と、冷ややかな対応の男。果たして庭の住人たちは皆、無事に移り住むことができるのでしょうか。

ブラックユーモアを効かせたシュールな会話で紡がれるファンタジーが魅力のRising Tiptoeらしく、今回も毒舌混じりの会話が続くのですが、いつもよりも温かみを感じます。庭の住人たちが愛に満ちていて、人間への愛、仲間たちへの愛、運命への前向きな受け入れ、それらが愛おしく、観ていて優しい気持ちになれます。それゆえ、ブラックユーモアに満ちたジョークがおかしく、いつも以上に観客が笑いに包まれていたように思います。チャーミングな作品でした。

宇吹萌(うすいめい)さんの唯一無二の戯曲の世界、ぜひ多くの人に味わっていただきたいです。当日券もあるそうです。ぜひ!

↑このページのトップヘ