にこにこくんの、のんびり日記

おもに演劇や映画の観劇レポや、作った料理などを掲載します。

 埼玉県志木市のコミュニティFM&ネットTV放送局「クローバーメディア」のラジオ番組「大空なんだの四方山話」で、私の投稿した詩が読まれました。投稿を始めてから70回目の採用です(ペンネームは「にこにこくん」)。月末の日曜日の放送はリスナーの「文芸投稿」を紹介する回になっています。今回の3月29日(日)の四方山話のテーマは「ゆきやなぎ」でした。

「ゆきぎしき」

冬の嵐を 思わせる
どこか寒々しい名前
私の名前は ゆきやなぎ

ゆきゆきつもる
ゆくつもり
やなぎゆられて
しろくふる

春に咲く花 白い花
柳のように 枝に垂れ
風に吹かれて ゆるりとゆらぐ

ゆきぐにはしり
そよかぜかおる
かろきやなぎは
やきばのほね

粉雪のごとく 純白な
花嫁たちの 群れつどい
小さな花びら 舞い踊る
ウエディングドレスの 集合体

はるにまいもどる
しにしょうぞく
しろきやなぎの
ゆきぎしき


以上です。
冬のような名前の春の花。そこに死と生、静と動が入り混じったような感覚を感じ、火葬場の骨や死に装束と、ウエディングドレスの花嫁、「逝き」と「揺らぎ」を混在させてみました。
今月は3月ということもあり、3.11への追悼の気持ちも込めた詩であることを付け加えておきます。
こちらのURLからファイルをダウンロードしてお聴きください。
MCのなんださん、ちゃいさん、ありがとうございます♪
興味のある方、投稿してみませんか?
次回のテーマは『コロナの春』です。
nanda@o-fuji.com まで ご投稿ください。
締め切りは4月21日です。

 埼玉県志木市のコミュニティFM&ネットTV放送局「クローバーメディア」のラジオ番組「大空なんだの四方山話」で、私の投稿した詩が読まれました。投稿を始めてから69回目の採用です(ペンネームは「にこにこくん」)。月末の日曜日の放送はリスナーの「文芸投稿」を紹介する回になっています。2月23日(日)の四方山話のテーマは「草萌える」でした。

「一本の草」

雪解け水が大地を潤し
日の温もりが
命を目覚めさせる頃
広き高原に
草萌える

青き季節が
始まりを告げる
野鳥のさえずりが
静かな草原に響き渡る
膨らむ風で
なびく草

あの時は二人だった
握った手が温かかった
草原を眺めながら
永遠(とわ)の幸せを信じていた
今、私の隣には誰もいない
心地よい風が
私を慰めるように
絶え間なく吹き抜けていく

感じることは
できたはずだ
彼女の寂しさに
気づいてあげられたはずだ
それなのに
私には優しさが足りなかった
優しいつもりでいたけれど
自分への厳しさが足りなかった
この心地よい風は
むしろ彼女にそよいでほしい

この高原を満たす
青く萌える命
もう寂しがる季節ではないことを
教えてくれる
草原から立ち去ろう
街へ向かおう
人々の流れに
草萌える季節を感じよう

私も草の一本なのだから


以上です。
こちらのURLからファイルをダウンロードしてお聴きください。

 埼玉県志木市のコミュニティFM&ネットTV放送局「クローバーメディア」のラジオ番組「大空なんだの四方山話」で、私の投稿した詩が読まれました。投稿を始めてから68回目の採用です。月末の日曜日の放送はリスナーの「文芸投稿」を紹介する回になっています。今回の1月26日(日)、今年最初の四方山話のテーマは「春が来た」でした。

タイトル「ありがとう」

そろそろコタツをしまおう
木々が芽吹いたり
花びらが開くのを
テクテク歩いて
探しに行こう
見つけたら
友だちに教えよう
「春が来た」と

歩く人
部屋から眺める人
匂いを嗅ぐ人
耳を澄ます人
味わう人
そして、生きとし生ける
全ての生物
あらゆるものが春の探偵
春はどこだろう
春はここにいる
物的証拠があちこちに見つかる
春は間抜けな犯人だ

「見つけてくれて、ありがとう」
見つかったことを喜ぶように
春はステージで小躍りする

ありがとう ありがとう
とう とう たららんたん
おう おう ちりりんちん
こう こう つるりんつん
よう よう てれれんてん
すう すう とれとんとん

ほんの少し前まで
大地も水も空も
張り付くように
冬に固められていたのに
そこに優しく触れただけで
春の扉が開いていった

冬の寒さが
厳しければ厳しいほど
春の喜びは大きなものになる
冬の寒さにも感謝しよう

ありがとう
冬の寒さ
ありがとう
冬の厳しさ

以上です。

36分ごろから読まれます。
こちらのURLからファイルをダウンロードしてお聴きください。
MCのなんださん、ちゃいさん、ありがとうございます♪

↑このページのトップヘ